天岩戸橋の色彩

宮崎県の景観まちづくりアドバイザーの仕事で高千穂に行ってきました。
7月24日に開催された「天岩戸まちづくりワークショップ」にて天岩戸橋に新しくできる歩道橋の色彩についてお話しました。
お仕事終わりの19時スタートでしたが、30名もの地域の方が参加され、新しくできる歩道橋の高欄の色、舗装の色、下を覗くガラス床などについて意見交換し、発表しました。まちづくりのWSは3年目で今回で7回目ということもあり段取りもよく色んな意見も出て私も有意義な時間を過ごさせてもらいました。

周辺に配慮した色、地域に親しまれる色を考えるには…

1、地域らしさを感じる色
2、周辺環境にふさわしい色
3、経年変化による色の変化
4、視点・距離・角度による見え方
5、自然の変化する色との調和

橋という機能性も考慮し、安全性や行き交う人の感じ方を加味するとふさわしい色彩が絞られてきます。

高千穂は朝はとっても涼しく早起きして高千穂峡を散策しました。朝の6時、この景色を独り占めです。アップダウンがあり歩くと少し疲れますが心地よい風と景色に癒されました。ホテルへ戻る途中の高千穂神社もパワーをもらえそうなところでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です